教育の特色

教育方針

 本学院は中高一貫教育を旨とし,いっそうの効果があげられるような特色あるカリキュラムを組んでおりますが, 心身ともに最も著しい成長過程にあることをふまえ,中学校と高等学校とを別の場所に設けております。 そのうえで,より充実した学院生活を送ることができるように,中・高それぞれの施設設備の充実を心がけております。


学習について

 中高の内容を整理し,より体系的に学習できるような6年一貫カリキュラムを作成しています。 クラス替えは毎年行いますが,担任団は原則6年持ち上がりますので,学習指導面だけでなく,心の面も継続的にケアできます。 国語,数学,英語は,当該学年に専従する2名の教員によって,徹底したきめ細かな指導を行います。 毎日の予習復習を励行し,平常の授業を確実に理解することが大切であると考えます。そのため,補習の制度は設けていません。 また,長期休暇中も,個人の自主性・計画性を高めるため,原則として補習は行いません。 しかし,担当教師の判断で,適宜,個別指導等を実施することがあります。 習熟度別授業,文理コース・進路別クラス編成は行わず,中1から高3まで全クラス平等編成としています。 ただし,高2~高3の地理歴史・公民・数学・理科においては,進路に対応した選択制少人数授業を行います。


学校行事について

 音楽と展覧の会,体育祭等は,生徒による実行委員会によって企画・運営され,生徒全員が積極的に参加することが大切であると考えます。
 各学年で実施される合宿では,集団行動・集団生活であることを意識しながら,自然に触れ,各地の伝統工芸・地場産業を体験させることを目的としています。


クラブ活動について

 全員加入を奨励しています。入部制限はなく,兼部可能です。活動時間は,最終下校時刻の17時までです。 定期考査1週間前から考査終了までおよび日曜日は,原則として練習禁止とします。 学業成績不振者に対しても,即座に活動停止にせず,学習とクラブ活動の両立ができるよう状況に応じて個々に判断しています。